Sarakimokuteki

咸臨丸とサラキ岬プロジェクト

木古内町観光協会では、
木古内町観光ビジョンのテーマ『咸臨丸と明治維新』を具現化するために、
郷土に眠る歴史遺産の咸臨丸とその終焉の地であるサラキ岬を核とした
まちづくり観光プロジェクトを下記の目的のもとに取り組んでいます。

町内外の人々の知恵と行動力を結集して積極的な議論と研究をもとに、地域全体の新たな観光文化及び観光産業の開発に取り組み、一人ひとりが誇りうる地域性を高める。
サラキ岬沖に眠る咸臨丸を観光資源の一つとして掘り起こすとともに、サラキ岬周辺の豊かな自然風土(海浜・丘陵)を活かし、町内外の人々が楽しめる交流観光の拠点づくりに取り組み、地域の活性化を図る。
咸臨丸の歴史的意義を研究し、その歴史性を高めるとともに後世に伝える。

元オランダ北海道人会会長の松本善之氏や
ノンフィクション作家の合田一道氏の出逢いによって取り組みの機運が高まり
チューリップ花壇づくりがその始まりです。
その活動を広く拡大するために
志ある人々によって『咸臨丸とサラキ岬に夢みる会』が結成され
多くの町内外の人々の熱い期待と心温まる奉仕によって
様々な活動が展開されています。
咸臨丸の歴史性を高め、
地域連携を推進してサラキ岬を新たな道南の交流観光拠点とするために
まちづくりという夢を追い続けています。

活動の詳細

咸臨丸の眠るサラキ岬 木古内町観光協会 サラキ岬チューリップ園 チューリップフェア 咸臨丸の歴史
咸臨丸とサラキ岬に夢みる会 活動紹介 咸臨丸通信 まちづくり講座 マスコミ報道

※クリックすると拡大されます。
私たちの平成19・20年度の活動においては
北海道の自然や歴史、文化、スポーツ活動を通して活力ある地域づくりを支援する
『(財)太陽北海道地域づくり財団』の応援をいただいています。

海の下で冒険を探していませんか? 紀古内観光では、サラキ岬にお連れします。 素晴らしい水中探検とアドベンチャーを楽しむには、重要なロケーションです。 日本の長きにわたる戦争船についてもっと知ることができます。

カンリン丸

日本初の船は、船と蒸気で動く船で、降伏しないことを意味するカトリン・マルと呼ばれました。 強力な船はオランダとの外交から作られ、将軍とその政権、そしてその場である「ばくふ」の権力と影響力を生み出しています。 1855 年、カンリン・マルは、技術的進歩のイメージを示していました。

航海と航海を熟知した政府は、日本から太平洋を経由して米国に初めて旅行した際に、軍艦を派遣した。 航海は成功し、船舶は国のための勝利の他の代表団を取った。

ボシン戦争では、将軍は皇族の日本への権力の返還を正当化する民兵に直面した。 他の 8 隻の近代海軍艦艇と合わせて、将軍は天皇の台頭とともに戦った。

戦争中、戦艦は帝国軍によって捕らえられ、輸送船になり、大砲や機械を解体した。 明治天皇の下で最後の任務で、北海道の台風の激怒の間に船は波の下で沈んだ。

これまで、行方不明の船の残骸は、日本のコミュニティに様々な機会とミステリーをもたらしてきました。 日本の重要な瞬間を目の当たりにした船として、その再生は非常に重要なものとなるでしょう。

検索

日本の歴史的な船として、カリン丸の残骸を発見することに焦点を当てた研究が数多くあります。 新しい展開は、軍艦の残物が北海道の砂の下で長く眠っているかもしれないことを示す。

サラキ岬周辺では、様々な大学、文化団体、海洋企業の研究者が検索を行っています。 すべての探検は伝説の船の部分を見つけることを終える。 しかし、ダイバーたちは、木の船体を見てきた。 したがって、検索は続行されます。

キコナイは田園と海の美しい風景が広がる小さな町です。 町には伝説の船のモニュメントもあります。 古代船の物語は砂で埋められ、波によって掃除されるかどうか決して衰退しなかった。 日本の海には、自分の探検をしながら、たくさんのミステリーがあります。

観光客は、チューリップでいっぱいの楽園となることを知っているかもしれません。 しかし、カリン・マルの歴史を知っている人にとっては、長い伝説を見つけることが重要な鍵となります。

キコネイを訪れて、水中アドベンチャーを始めましょう! 幽霊や古代の海の驚異を運ぶ伝説の船のトレイルを歩きましょう。