Sarakikiturip

咸臨丸の故郷・オランダからの贈り物

サラキ岬のチューリップ花園は、
咸臨丸が木古内のサラキ岬に眠っていることを知った、
当時のオランダ北海道人会会長の松本善之氏から
「咸臨丸終焉の地に誕生の地であるオランダの国花を植えてほしい」と
咸臨丸の偉業と功績を讃えるために
チューリップの球根が贈られたことが始まりです。
その後、多くの人々の志によって花開き、
今日では、毎年4~5月には
春のそよ風のなかで約80種5万球のチューリップが咲き誇っています。

チューリップフェア2010  チューリップフェア2009

カトリン丸の本殿にあるサラキ岬花園

サラキ岬はチューリップの美しい庭で知られている。 この地域の写真を見たことがあるなら、日本のどこかにあるとは思わないでしょう。 実は、サラキ岬は日本とオランダの良好な関係に捧げられています。 このオランダ人は、王国時代に唯一の西洋外交同盟国でした。

サラキ岬には、日蘭関係を反映して、ほとんど全てのものが見られます。 実際、オランダからは蒸気船のモニュメントを除いて、すべてのものが見えました。 ここでは、猿木岬のあらゆる光景について、菊内観光の簡単な説明をします。

サラキ・ケープ・チューリップ・ガーデン

サラキ岬は、目に見える限り花が咲く広大な平野です。 この庭を作るのに使われた球根はオランダから来た。 4 月から 5 月にかけて花が咲き、春の到来を象徴しています。 また、日本軍で長年のサービスを受けて、カリン・マルーがついに沈んだ場所でもあります。

庭は丁度 50,000 チューリップの総人口を有するために記録される。 60 種類以上のチューリップが組み合わされています。 花はすべてきちんと整理され、地元政府によって 10 人のために気遣われる。 日蘭関係と金林丸の記憶のほか、サラキ岬も人気の観光地です。

金林丸記念碑

カリン・マルは日本初の軍事軍艦の一つです。 それは釘が付いているねじ運転された蒸気コルベットである。 1853 年には、オランダの西方同盟国から、将軍の楽福に注文されました。 日本が西洋軍の慣行を導入し始めたのは今回の頃に過ぎないため、このような命令を履行できる船戦はなかった。 1857 年、カリン丸が、日本軍の主力機として到着しました。

カンリン・マルはイギリス帝国との戦いで多くの戦いをしており、戦いを失うことはありませんでした。 しかし、カトリン・マルは嵐で被害を受け、清水港で休んでいたインペリアルスに追いつく。 海軍は降伏し、その船舶は皇室の政府によって使用された。 台風が再び高貴船を壊し、ようやくサラキ岬に沈んだ。

英雄軍艦の物語はよく文書化された。 1990 年には、オランダから再び船を発注した。 彼らは、そのサービスを受けて記念碑として使用される、カンリン・マルのレプリカを要求した。 レプリカは、もともとのレプリカの 2 倍の大きさになるように意図的に設計されているため、九州から見ることができます。 レプリカは単なる表示ではありません。 鳴門のワールプールを巡る観光フェリーとしても機能的な造り。