Midokoro

木古内は見どころがいっぱい

木古内は海や山などの豊かな自然に恵まれ、
歴史の風情がいっぱいの町です。

山海遊楽 海と山を楽しむ ふるさとの森 薬師山・萩山 佐女沼 みそぎ浜
桂 岳 道南杉
自然遥遊 四季を楽しむ サラキ岬チューリップ花園 薬師山の芝桜
栗原邸大椿 百年桜 瓜谷ダム湖 木古内川の白鳥
古事慕情 歴史を楽しむ 咸臨丸の眠るサラキ岬 戊辰(箱館)戦争古戦場跡
禅燈寺仁王像 三十三観音 木古内の坊
縄文遺跡群 佐女川神社 円空仏 一本杉・地蔵堂
西野神社 山形藩士上陸の地碑
開拓使判官松本十郎の碑
文化伝承 文化を楽しむ みそぎ太鼓 みそぎ囃子 木古内盆踊り
よさこいソーラン炎の舞
和合交流 ふれあいを楽しむ フォレストパークりろないパークゴルフ場
ふるさとの森公園 海釣り 山菜採り 鷹鳥球場
ふるさとの森テニスコート 鶴岡農村公園

 きこない見どころビデオ劇場            おすすめ散策コース

海と山を楽しむ

ふるさとの森
薬師山と萩山を含めた丘陵地域全体が「ふるさとの森」として、公園整備され、町民の憩いの場となっています。
標高70mほどの山頂までの登山道は子どもからお年寄りが気楽に利用でき、山中には町木の杉、町花のツツジも群生し、遊歩道もいろいろなコースがあり、ご家族で楽しめるものとなっています。
◆アクセス・・・・木古内駅より徒歩で20分・車で5分
アクセスマップ 散策路 全体マップ 詳細
薬師山・萩山
木古内の町を背にしてある小高い二つの山が薬師山(72m)と萩山(83m)です。山中には杉、つつじ、山麓には桜、そして薬師山 の斜面には広大な芝桜があり、四季折々の草花が楽しめます。
登山道や遊歩道も整備されており、山頂からは木古内の 町並みや津軽海峡が一望できます。
◆アクセス・・・・木古内駅より徒歩で20分・車で5分
アクセスマップ 散策路 全体マップ 詳細
佐女沼
佐女川神社から山中奥にあり、神社の主祭神・玉依姫命 が住むという小さな沼です。ひっそりとたたずむ光景は神秘的でもあり、幾多の伝説が生まれています。
沼の周囲には遊歩道もあり、春にはカタクリの花、秋には紅葉と、年間を通して森林浴を楽しむことができます。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で30分
アクセスマップ 全体マップ
みそぎ浜
毎年1月15日に行われる「寒中みそぎ祭り」では、4人の行修者が昼夜を問わぬ厳しい鍛練の後に、このみそぎ浜で ご神体を潔めます。大鳥居やみそぎ祭りの由来碑もあります。
公営の駐車場として休憩できる他、津軽海峡が一望でき る町中のスポットです。、
◆アクセス・・・・木古内駅より徒歩で5分・車で2分
アクセスマップ 全体マップ
桂 岳
亀川林道の奥まったところにある標高750mの山。
登山マニアにはよく知られた山で、北斗市側からの道もあり、麓からは二時間ほどで登れる。途中に五丈の滝もあり、融雪期には新緑と相まって見事な景観が広がる。秋の紅葉時期も素晴らしい。
観光協会では『桂岳ウォーキング』を実施している。
※事前の入山申請などが必要。
第4回桂岳ウォーキングの案内(2010.10.9開催
◆アクセス・・・・観光協会にお尋ね下さい。 (??01392-2-2046)
アクセスマップ 全体マップ ※詳しくは
道南杉
道南一帯は杉木の北限でもあり、北海道特有の気候によ り、他と異なった良質の杉木が生育し、「道南杉」という名 称で親しまれています。
森林面積の多い木古内町も、町木には杉が指定され、至 る所に杉林が見られ、様々な杉材加工品が生産されてい ます。
全体マップ

自然を楽しむ

サラキ岬チューリップ花園
咸臨丸終焉の地であるサラキ岬では、毎年5月約5万球 の色とりどりのチューリップが咲き誇ります。咸臨丸の生ま れたオランダから直輸入したもので、色や形も多種多様で約8 0種類のチューリップを楽しむことができます。 開花に合わせて、チューリップフェアなど様々なイベントも行 われ、ご家族でお楽しみいただけます。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で20分
アクセスマップ 全体マップ ※詳しくは
薬師山の芝桜
毎年5月、薬師山の南斜面にピンク色の大壁画を見るこ とができます。それが薬師山の芝桜です。町中のどこから でも芝桜のジュータンを楽しむことができます。
約70mほどの薬師山の登山道は整備され、芝桜の美しさに囲まれながら、展望台からは津軽海峡も一望できます。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で5分・徒歩で20分
アクセスマップ 散策路 全体マップ 詳細
栗原邸大椿
江戸末期に植えられたと伝えられる、樹齢140年以上の椿の大木です。木古内町泉澤の栗原家の庭にあり、5月上旬に無数の花が咲き誇ります。
1972年、道の記念保護樹木に指定されています。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で20分
アクセスマップ 全体マップ
百年桜
木古内町建川にある民家の玄関先にある、桜の老木。
百年以上は過ぎているというが、詳細な樹木年齢は不明です。直径は1m近くある。老木のためにその年によるが、5月になると四方八方に伸びた枝には薄いピンク色の花が無数に咲き誇り、あたかも桜の風船のようにみえることもある。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で10分
アクセスマップ 全体マップ
瓜谷ダム湖
木古内の米どころの一つである瓜谷地区からさらに林道を進むと、木立や灌木の間からひっそりと見えてくる。木古内川上流のダムのせき止め湖である。湖周辺には落葉樹が多く、秋の紅葉は湖に映えて美しい。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で20分
アクセスマップ 全体マップ
木古内川の白鳥
町の西部を流れる木古内川、普段は水量が少ないものの浅瀬が多く、様々な水鳥の遊び場となっている。その中に年間を通して二・三羽の白鳥を見ることができる。おおるの仲間とともに北へ渡っていかないのは何故か・・・・木古内川の白鳥は多くの人の目を楽しませている。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で5分・徒歩で20分
アクセスマップ 全体マップ

歴史を楽しむ

咸臨丸の眠るサラキ岬
サラキ岬には咸臨丸が眠っています。その終焉記念碑や咸臨丸モニュメントなど歴史を感じることができます。
毎年5月には咸臨丸誕生の地オランダから贈られたチューリップ数万球が咲き誇る「チューリップフェア」、8月には「きこない咸臨丸まつり」が行われます。
小高い丘からは津軽海峡や函館山、遠く青森県下北半島までが眺望でき、道ゆく人の目を楽しませています。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で20分
アクセスマップ 全体マップ ※詳しくは
戊辰戦争(箱館戦争)古戦場跡
戊辰戦争では、榎本武揚率いる旧幕府軍が北海道へわたったことから、道南一帯も戦場となり、木古内では山崎(現在の新栄町付近)、萩山、前浜付近で壮絶な戦いがあり、時代の変革を夢みた幾多の尊い命が失われました。
旧幕府軍の大鳥圭介が白馬に乗って薬師山頂で陣頭指揮をとったと言い伝えられています。(写真は萩山付近)
◆アクセス・・・・観光協会にお尋ね下さい。(01392-2-2046)
全体マップ ※詳しくは
禅燈寺仁王像
この仁王像は曹洞宗禅燈寺の山門にあり、仏法守護のために蜜迹金剛と那延金剛の二体が左右に安置され、勇壮な姿を見せています。
大正七年、風間壮慶師の作と伝えられ、その気迫溢れる姿は道内有数の木仏像に数えられています。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で10分
アクセスマップ 全体マップ
三十三観音
木古内の町を見下ろす薬師山は道南の霊場の一つとされています。かっては修行者の道であった場所に三十三体の観音野仏が安置されている。今はハイキングコースに沿って一つひとつ異なる観音像の表情や姿を見ることができる。観音仏を順に巡り、手をを合わせながら山の自然を楽しむのも面白い。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で5分・徒歩で20分
アクセスマップ 全体マップ
木古内の坊
明治初期、幼くして目を患いながらも貧しい家庭を助けるためにつけ木(マッチ)を売り歩くなど孝養心をもって生きたという実在の人物。43才で没したといわれる。
ある富豪の家に生まれた指が不自由な子が木古内の坊のお墓の土をかけたら治ったなど様々な言い伝えが残されている。その心を後世に語り継ぐために、町はずれの海辺の公園に町民の善意によって像が建てられた。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で10分・徒歩で30分
アクセスマップ 全体マップ ※詳しくは
縄文遺跡
道南一帯は至る所に縄文遺跡が発見され、人と文化の発祥の地であったことが分かる。
木古内の蛇内遺跡では、全国初の「幼児の歯形とつめ型がついた土製品」や釜谷遺跡では漆の器「彩文藍胎漆器」(さいもんらいたんしっき)など、縄文時代の貴重な史料が発掘されている。
◆アクセス・・・・観光協会にお尋ね下さい。 (??01392-2-2046)
アクセスマップ 全体マップ
佐女川神社
松前藩河野加賀守源景広のご勧請により寛永2(1625)年に佐女川の辺りに祠を建て、武運長久を祈願されたのが始まりとされ、ご勧請の神様は日本の初代天皇・神武天皇の母・玉依姫の命(たまよりひめのみこと)です。
永い伝統を誇る「寒中みそぎ祭り」はこの佐女川神社の神事のひとつです。
◆アクセス・・・木古内駅より車で15分・徒歩で30分
〒049-0431 北海道上磯郡木古内町字木古内155
TEL 01392-2-2135
アクセスマップ 全体マップ ※詳しくは
円空仏
江戸初期に布教像造師として活躍した円空は諸国行脚の度を続けながら約12万体の仏像を作ったとされています。寛文6年(1666年)頃に北海道にわたり、割った丸太の面を巧みに活かした素朴な仏像を道南各地に残しています。木古内町の佐女川神社、西野神社、古泉神社に3体の円空仏が残されています。(原則として見ることは不可)
◆アクセス・・・・観光協会にお尋ね下さい。(??01392-2-2046)
一本杉・地蔵堂
木古内町札苅の北部に、一本の杉の大木がある。
百数十年前にユリコ沢の土中からお地蔵さんが発掘され現在の一本杉の側にある地蔵堂に安置されたという。様々な言い伝えが生まれ、地域の人々には子宝地蔵、火消し地蔵として崇められ、今日も素朴な民衆信仰として伝えられている。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で20分
アクセスマップ 全体マップ ※伝承民話
西野神社
木古内町札苅地区にある神社で、古くから地域の人々に大切に守られている。
かってこの地域がイワシ漁で栄えたことから、豊漁を祈願する神社として崇められ、この神社にも円空仏が安置されているという。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で20分
アクセスマップ 全体マップ
山形庄内藩士上陸の地碑
明治18年から19年にかけて、庄内藩士佐藤洋孝とともに105戸が、刀を鍬に持ち替え、北門の警備と自立自営の北海道開拓を目的に木古内の大谷地、棚部岱、瓜谷、吉堀、中野、建川に入植した。
多くの先達が壮絶な辛苦と苦難を乗り越えて、今日の繁栄の基礎を築き上げた志を受け継ぎ、後世に広く伝えるために、昭和48年に建立された。、
◆アクセス・・・・木古内駅より車で5分
アクセスマップ 全体マップ
開拓使判官 松本十郎の碑
天保10(1839)年、山形県鶴岡市に生まれる。庄内藩士として蝦夷地の警備、江戸市中取締の任にあたる。戊辰戦争では新政府軍に対抗して庄内藩の幕僚として活躍する。庄内藩が降伏跡、新政府軍との折衝にあたり、黒田清隆の推挙により北海道開拓判官となり、根室地区の漁業振興や北方の警備に尽力して根室市の基礎を築いた。明治6年には開拓大判官となり、地域財政や各産業の基盤を確立するなど、北海道の開拓振興に大きな功績を残した。禅燈寺に当時の文書が残されている。
◆アクセス・・・・木古内駅より車で10分
アクセスマップ 全体マップ

きこない見どころビデオ劇場            おすすめ散策コース

山海遊楽 海と山を楽しむ 古事慕情 歴史を楽しむ
自然遥遊 四季を楽しむ 和合交流
ふれあいを楽しむ
文化伝承 文化を楽しむ

古内観光名所は不思議さに満ち溢れ、北海道南部でしか見ることができません。津軽海峡と壮大な山々に囲まれた自然の景観の中に、数多なものを発見しましょう。

伝統的な習慣、精神性、歴史に富んだ地元文化を体験してください。函館和牛から新鮮な海産物まで、地元のライフスタイルに浸り、それらの名所たちを味わいながら、お腹と心を満たしてください。

木古内観光名所から、自分だけの北海道体験を始めましょう!

木古内へようこそ

木古内は、北海道南西にある渡島綜合振興局の中の町です。美しい山脈と、本州と北海道の間にある津軽海峡に面しています。

北海道新幹線木古内駅のおかげで、木古内町は北海道旅行において最初に止まる場所になります。また、函館、江差と松前この三つの都市に隣接しています。

この町では、古の伝統が広く行われ、佐女川神社で行われる神道儀式に出会うこともできます。その文化は、函館和牛を人気に仕立てた郷土料理も、ここで見られます。

木古内観光名所とアクティブティを直に学び、経験しましょう!

木古内町の絶対に見るべき7つの観光スポット

北海道の他の町と同じように、木古内町は自然の不思議さとため息をつくほどの豊かな遺産に満ちております。南北海道の優れたところを探索する準備はできていますか?ここから、木古内町での滞在中に訪れるべき人気の観光スポットをご紹介していきます:

道南いりさび鉄道: 木古内駅

木古内観光名所で冒険を始める準備はできていますか?道南いりさび鉄道の助けを借り、この地域を探索する際、目的地に辿り着くと同じように旅を有意義なものにしましょう。

木古内駅から五稜郭駅まで約1時間かかります。この低予算の観光列車の窓から、津軽海峡と函館山の過ぎていく眺めお楽しみください。

屋久島山:シバサクラ

冬の寒い気候が嫌いなら、春の木古内町に観光名所もまた存在します。この季節には、明るいピンク色のシバサクラが咲き誇り、屋久山がピンクに染まっていきます。これらの鮮やかな花は、町の壮大な全体像が見渡せる山の斜面を覆っています!

佐女川神社

屋久島山の上で木古内町の素晴らしい景色を眺めた後、山のふもとにある佐女川神社を訪れることができます。このお寺は、過去の戦争期間中人々が国の幸運を祈るために建てられました。今日では、地元の人々は町の収穫と漁獲の安泰を祈るため、このお寺を利用しています

みそぎ浜:寒中みそぎ祭り

木古内町の必見な観光地として、毎年水垢離が行われるみそぎ浜がその一つです。日本で最も重要なお祭りの一つで、選ばれた男性らは全身を冷たい水で洗います。

毎年1月13日から15日まで開催され、みそぎ浜の水は凍っているんです。儀式中、御神体(礼拝の対象)を持つ4人の若い男性が、それぞれ極寒の津軽海峡に飛び込み、御神体を浄化し、不純物を取り除きます。この儀式は、町の良い収穫と漁獲を祈るために行われています。

咸臨丸

日本の戦争史上、咸臨丸は、国内初の軍艦であり、スクリューを装備した蒸気コルベットとして、その歴史的価値を残してくれました。この偉大なる戦艦は、徳川時代後期に新設された長崎海軍伝習所に就役していました。

その後、小樽に向かう途中、木古内で遭難し、サラキ岬の沖合に沈むまで、北海道への運送船として使用されていました。今日では、咸臨丸乗組員子孫の会と木古内の自治体によって建てられた大型の記念碑的なモニュメントに、船に宿る巨大な栄光を理解することができます。

サラキ岬のチューリップ園

咸臨丸の素晴らしいモニュメントからわずか数メートルの場所に、ため息がつくようなカラフルなチューリップ園の景色を眺めることができます。木古内の静かな道路のそばに花が植えられ、この眺めは観光客に人気があります。

毎年5月、サラキ岬で、春の訪れとともに60種類の球根が5万球のチューリップに咲き誇り、あたりは活気に満ちた花畑に変身します。絵に描いたようなスポットに入れる風車のモデルや、参加可能なチューリップフェアも開催されます。

新幹線ビュースポット

新幹線ビュースポットで、木古内町の美しさをすべて見納められます。この展望台は、新幹線と在来線の分岐点を見ることができる木古内内駅から青函トンネル寄りに建設されました。その分岐点を無料の固定式双眼鏡で見ることができるため、人気の展望スポットになっています。

木古内観光名所で遊べるアクティビティ

木古内観光名所で行われている多くのアクティビティに参加し、北海道南部の地域文化を知ろう!

みそぎの郷・木古内ウォーク

町を探索し、地元のライフスタイルに浸る最も良い方法は、みそぎの郷・木古内ウォークに参加することです。カジュアルなペースで散歩し、北海道新幹線木古内駅からスタートするガイド付きのツアーとなりす。

ツアーガイドが様々な場所を案内する一方、辺りにある有名な日本のパン屋や酒屋をサンプルにしたお店の地元料理を楽しむことができます。ツアーガイドは、1時間の間、町の歴史と文化も同様にあなたに伝えるでしょう。

ツアーが終わるころ、木古内の伝統儀式、冷たい水による水垢離を彷彿させるイベントを体験することができます。儀式でレインコートを着るでしょうから、ずぶ濡れになる心配はございません。また、無病息災の祈りとしても役に立つと信じられています。

道南鉄道軌道自転車

電車に興味がある方なら、道南鉄道軌道自転車が最適なアクティビティを提供してくれますよ。その施設で、廃止された鉄道線路を使用し、軌道自転車に乗り、エキサイティングな冒険に出かけることができます。

木々や季節の色が豊かな田舎の風景から漂う、新鮮な空気をお楽しみください。新幹線が町のすぐそばを通り過ぎるので、それを垣間見るのも絶妙なスポットです。運が良ければ、木古内のかわいい牛マスコットキャラ、キコにも会えるかもしれませんよ!

神社体験

木古内観光名所は、自然と文化をあなたに見せるだけでなく、町の精神性についてもお見せいたします。自分や他人のために瞑想とお祈りができる神社に入り、禅なるものを体験してください。

また、感謝する気持ちのもと、礼儀正しさと思いやりの価値を学び、説教を受け、その教育に没頭するでしょう。老若男女問わず、最高な学習イベントです!

地元で漁業体験

木古内町は多くの物に恵まれ、その一つは豊かな漁業文化となります。地元の漁業体験に参加して、住民の現地生活について学びましょう。ここでは津軽海峡とは異なる種類の方法で釣りをする機会が与えられますよ。

地びき網漁業体験で多種多様な魚の捕獲と水から網を引き上げる体験をした場合、漁場の豊さをご覧いただけます。木古内特産物のホタテについてももっと学ぶことができます。漁船に乗り出し全力で進み、ホタテの養殖について見学もできます。

地元の農業体験

木古内は、国内外の市場において貴重で上品な赤身肉を持つ函館和牛の発祥地となります。ステーキ、しゃぶしゃぶ、ロースト、ハンバーグステーキなど、幅広い食事に適しており、絶妙でございます。

地元の農業体験に親しみ、この入手困難な肉についてもっと知ることができます。乳牛との楽しい出会いも可能であり、素手で搾乳して温かくクリーミーなミルクを楽しむことさえも可能ですよ!

久上ジンギスカンを体験(英訳: Mongolian Mutton BBQ

木古内観光名所からもっと地元の肉を味わいたいんでしょうか?町には、久上ジンギスカンと呼ばれる特別な食べ物を提供しています。あっつあっつの鉄板から焼かれた新鮮な肉を食べるモンゴルの羊肉料理です。

友人だけでなく、地元の人々とも素晴らしい食べ物を囲められる、なんともありがたいアウトドアな活動ではないでしょうか。みそぎの舞いと呼ばれる地元産の酒と組み合わせることもできます。スタッフが喜んで食べ物の供給、下準備、後片付けをしながら、すべてのことから解放され、喜びを感じてください。

ローカル製品とお土産物の買い物体験

木古内観光名所を見学した後、地元商店にある自家制の製品や記念品を購入して、お店を支えることも忘れずにやってくださいね。素敵な思い出や印象的な写真のほかに、青函エリアから集められたローカル商品やアイテムなど、貴重な記念品を手に入れることができます。