Kanrinuser

咸臨丸や郷土の歴史を学び、まちづくりを考える

お知らせとご案内

私たちは郷土の歴史遺産である咸臨丸や郷土そのものの歴史を核とした
まちづくり観光に取り組んでいます。
そのために、歴史の意味を学び、理解することを目的に
定期的にまちづくり公開講座を行っています。
お誘い合わせてお出でください。

第20回公開講座のご案内

日 時 平成21年9月20日(日)午後6時15分
会 場 木古内商工会 会場案内
対 象 どなたでも可 参加費 無料
テーマ 咸臨丸の歴史の新たな真実
講 師 咸臨丸子孫の会事務局長 小杉伸一 氏
内 容 小杉氏の講演は木古内町では3回目となる。その都度咸臨丸の新たな歴史を掘り起こし、様々な角度か
ら研究されている。自らが咸臨丸乗組員の子孫であることを思い、その研究の姿は並々ならぬものがあ
る。今回の講演も自ら全国各地を調査して得た新たな史料等をもとに熱のこもった内容になることが期待
される。
講演会に先んじて、当日午後5時より、サラキ岬にて、咸臨丸の終焉を記念して、その偉業を讃え、後世に伝えゆくためのセレモニー『咸臨丸フォーエバー2009』が行われる。
備 考 ◆講師紹介 小杉 雅之進の曾孫、小杉 伸一(こすぎ しんいち/1952(昭和27)年生 57歳)、
「咸臨丸子孫の会」幹事教授方(事務局長)、(株)荏原製作所勤務

◆小杉雅之進(こすぎ・まさのしん)
天保14年10月1日〔1843/11/22(水)〕生、長崎海軍伝習所三期生、咸臨丸太平洋横断時 蒸気方見
習、朝陽丸小笠原派遣時 蒸気方、戊辰戦争勃発時 開陽丸蒸気方一等、品川脱出時 開陽丸軍艦役、
蝦夷共和国 江差奉行並、幽閉中に麦叢録を執筆、政令により 小杉 雅三 に改名、民部省に仕官し運
輸行政 担当、退官後 大阪商船勤務、明治42(1909)年8月21日没(66歳)

申込み 事前の申し込みは必要ありません。

これまでの公開講座の記録