Kankososhiki

人と人が触れ合うまちづくり観光をめざして・・・・

活動形態

◆活動の基本方針◆
?@郷土の自然・歴史・文化を活かした「まちづくり観光」
の送出と人材の育成
?A「観光とまちづくり」に関する人と文化の交流
?B交通及び地理的条件を十分に活かした交流観光拠点の整備
と広域的な連携
?C地域産業と連携した観光産業の開発
?D官民が協働してまちづくりに取り組む意識と体制づくり
?E住民の智慧と行動力を活かした地域の誇りづくり
観光協会イメージキャラクター

 

新たな時代への観光の取組
?@まちづくりとしての観光・・・地域の誇りづくり・観光は総合産業
?A民間が主体となる地域間の人と文化の交流連携
?Bモノづくりから、ヒトづくりへの意識転換
?C地域産業と観光の連携・・・食文化と地域体験観光の開発
?D市場競争原理の導入・・・・地域の個性化と差別化(魅力)
地域の役割分担
?E地域にある全て、そのものが観光資源・・歴史や文化・人
?F広域連携にもとづく情報観光・・・・学びと情報共有

 

高速交通網の活用したまちづくり観光
?@利便性の活用・・・北海道最初の駅
地域全体が活用できる地利
?Aアクセスが良い・・距離感がない
?B情報供給と提供の迅速性・・情報の高速性と
広域性
旅行業者の採算
性と関心
?C快適性・興味性・・・ホスピタリティの充実
子どもの関心

 

広域連携を機軸としたまちづくり観光
?@従来型観光の停滞・・函館を中とした観光の停滞
?A観光形態の変化・・・団体から個人が楽しむ観光
目的ののない観光
癒しを求める観光
自ら体験する観光
?B一つの地域では全てを虚級で着ない。
?C各地域の個性発揮と役割分担・・地域の差別化
と魅力
?D地域の人と触れ合う観光・・リピーターの第一
要因

 

歴史・文化 体験型観光 食・グルメ
どこにもない、磨けばひかる
歴史と文化
地域特有の産業・歴史・文化・
自然を 体感する体験観光
自然の豊さと地域産業を
活かし、育てる食・グルメ
●道南は北海道の歴史誕生の地・・
永い歴史と貴重な文化の宝庫
●歴史や文化はその地域の人の誇り
●地域には歴史や文化をテーマとし
た独自の祭り文化がある。
(寒中みそぎ・咸臨丸・木古内の坊)
●掘り起こし磨くことにより一層貴
重な地域資源となる。
●地域全体に共通した歴史資源
(咸臨丸と開陽丸・戊辰戦争・縄文
遺跡・中世の館・北前船・松前藩
と津軽・安東氏など)
●観光に対するニーズの変化・・・
物見遊山から体感する観光へ
●人との温もりある触れ合いや心の
潤いを求めている。
●青少年に必要とされる「心の教育
」の糧となる。
●修学旅行の目的が変化している~
教育旅行・人とのふれ合い
●地域と人、意欲とシステムがあれ
ば可能、過剰な資本は不要。
●国が制度化・旅行業界の積極的な
取組。
●道南・津軽地域は、津軽海峡・日
本海の豊富な漁場。
●各地域で様々な海産物を産出して
いる。(まぐろ・ほたて・かき・
こんぶ・いかなど)
●各地域で地場産品の加工品・グル
メが生まれている。
●いつの時代もどんな場所でも、
『食』が観光の主役。
特に新しさ・新鮮さには高い関心

人々に求められ、地域が潤う『まちづくり観光』へ

事業内容

活動方針 活動内容
1
咸臨丸とサラキ岬プロジェクトの推進
交流観光拠点としてのサラキ岬の開発と整備
咸臨丸とサラキ岬に夢みる会との連携と支援
広域的な交流観光への積極的な取り組み
シーニックバイウェイを機軸とした近隣町村との連携
北海道新幹線を機軸とした観光の取り組み
郷土の自然、文化、歴史を活かした観光イベントの確立
サラキ岬チューリップフェア
咸臨丸まつり
寒中みそぎ祭り
サバイバル 2days エンデューロ
地域の歴史資源の調査及び学習と観光的活用 箱館戦争に関する歴史資源及び資料の調査と発掘
地域産業と連携した観光事業の開発
地域産業と連携した食や体験観光の取り組み
地場産品やグッズ等の開発と宣布
「観光とまちづくり」に関する人と文化の交流促進と学習
まちづくり観光の学習と研究
咸臨丸子孫の会などとの交流と情報交換
郷土の様々な観光文化の育成と伝承
みそぎ太鼓とみそぎ囃子の育成支援
きこない盆踊りの伝承
よさこいソーランの育成支援

事務局
〒049-0422 上磯郡木古内町字本町217-3 木古内商工会内
電話 01392-2-2046 FAX 01392-2-3411

平成21年度木古内観光協会研修旅行
咸臨丸の最後の乗船者・片倉小十郎家臣団の生地・白石を訪ねる旅
7月11~12日開催 つれづれ日記 詳しくは

『第16回戊辰役東軍殉難者追悼会』を木古内で開催!! 詳しくは

北海道は地元の人にも観光客にも人気のスポットです。しかし、初めて北海道を訪れる人が北海道などを観光する際に、見落としがちな情報もあります。まず、北海道は面積も国土も広いので、一つの目的地ではありません。東京都の37倍もの広さがあります。

県の南西部に位置する喜古内は、伝統や風習が残る美しい町。津軽海峡に抱かれ、風光明媚な山並みに囲まれたこのエリアは、散策や体験をするのに適した美しい風景が広がっています。

今回のガイドでは、桔梗内をはじめとした北海道の観光で覚えておきたいことをお話します!

きこないの思い出

 

  • パッケージや観光プログラムに注意してください。

 

北海道では、外国人旅行者を歓迎するためのキャンペーンが定期的に行われています。例えば、季節の変わり目には特別なイベントが開催されることもあります。

 

  • 文化を尊重しましょう。

 

航空会社の方針はさておき、もう一つ知っておくべき重要なことは、キコナイの人々の習慣に適切な注意と敬意を払う方法です。桔梗内で祝われるイベントのほとんどは、伝統的なお祭りや日本の神様のためのものです。この地域で行われる最高の文化イベントについては、きこない観光ブログをチェックしてみてください。

特別なイベントの時に旅行をしなくても、釣りや農作業、お寺での体験など、喜古内での生活を楽しむことができる観光アクティビティもあります。自分たちの文化や生活を共有している人たちを常に尊重することを忘れないようにしましょう。

 

  • 調査をしてください。

 

喜古内は北海道の小さな町ですが、嬉しい特典がたくさんあります。みそぎの梅酒、きこないホタテから函館和牛まで、地元の特産品が揃っています! それ以外にも、ここでしか見られない観光スポットがたくさんあります。

そして、もう一つ欠かせないのが天候です。北海道は寒い日が多いのですが、それに比べて喜古内は実は暖かいのです。大雪が予想される場合は別として、どのような服装で行くべきなのかを確認しておきましょう。

 

  • 動物に気をつけて!

 

北海道には高層ビルや高層ビルが立ち並ぶ先進都市がいくつもあります。しかし、国土の大部分は牧場や動物の放牧地に覆われています。

車を運転する際には、道路標識に注意して運転するようにしましょう。農場の動物以外にも、キツネやシカなどの野生動物を美しい自然の風景の中で見ることができます。

 

  • 方言を覚えましょう。

 

この地域の人たちは、東京とはまた違った方言を使っているので、聞き慣れない方言を使っているかもしれません。少しでも言葉を知っておくと、旅の参考になるかもしれません。

これらのことを覚えて、忘れられない北海道の旅を楽しんでください。