きこない海山 帆立丼

北海道は、新鮮な農水産物の宝庫として高く評価されています。それは、勤勉な農家の方々の努力と、県独自の気候風土のおかげです。また、喜古内町では、山で獲れたものや海で獲れたものなど、良質なものがたくさん生産されています。町の輸出品として有名なのは、なんといってもジューシーな「ホタテ」!

津軽海峡の荒波を受けて力強く作られた「きこないホタテ」。地元の多くのお店で販売されている主力商品です。ジューシーな風味とシャキシャキとした食感がとても有名です。新鮮なピーマンやトマトとの相性が抜群で、淡白なホタテの色が濃く、美しいグルメ丼に仕上がっています。

きこない帆立丼は、帆立だけが特別なものではありません。ベースに使われているお米も特別です。地元のお店では道南産のフクリンコのみを使用しています。炊きたてはふっくらとした柔らかい食感になり、トッピングのタレやジューシーさを吸収してくれます。お惣菜と分けて食べると、一粒一粒が空気中の水分でキラキラと輝いているのがわかります。

この美しい料理が生まれたのは、ごく最近のこと。2011年1月17日にご当地グルメの皆さんの努力で誕生しました。現在、町内7店舗で名物の「きこないかんこうホタテ丼」が提供されています。価格はすべてのおかずと付加価値税を含めてわずか950円。

地場産品を主原料とした

帆立貝

津軽海峡が広がる喜古内町。この水域には、町の名産品であるホタテの産地があります。水の中にいる間は、海の荒波に耐えられるようにしっかりとした繊維を持っています。また、海流が強いため、捕食者が少ないのも特徴です。そのため、日本の他の地域に比べて大きく成長することができました。その固い体は、海の圧力から解放されると弾力があり、ふっくらとした食感になり、ジューシーで噛みごたえがあるのです。

ロングタロコーム

喜古内は、米や野菜を主な商売としている農業の盛んな町です。中でも名産品といえば、里芋の長芋です。他の町から買うと丸いのが普通ですが、喜古内の農家さんが長芋にする方法を見つけたんです!今でもシャキシャキとした歯ごたえが残っていて、真っ白な純白の芋です。シャキシャキとした歯ごたえが残っていて、すりおろしても真っ白です。

フクリンコ

帆立との相性抜群のメインのお米は、道南産の「ふくりんこ」。ふんわりとした食感がホタテのジューシーさを引き立てるだけでなく、粒の輝きが美しいのも特徴です。

ひじき

北海道のひじきは「北限ひじき」と呼ばれています。寒冷地で栽培されているため、通常のヒジキよりも太く、長く、柔らかいヒジキになっています。海の近くで栽培されているためか、噛むと塩水の香りがします。

きこない海山 帆立丼

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *